女性だらけの職場で働き続けるためにはどうしたらいいの?

8josei

8josei数多くある国家資格が必要な職業の中でも、
唯一女性にしかなることが出来ない職業が、
実は助産師になります。

そのため、助産師が勤務する助産院は、
女性だらけの職場であり、
殆どが女性しかいない職場にもなっています。

 

さらに、来院する妊婦さんも、
当然ですが女性ですね。

もともと女性が多い看護職の人でも、
男性医師や男性スタッフが数人はいた職場が多いと思います。

 

女性が多い職場には、
女性ならではの人間関係があり、
それに悩んでしまう。という人も多くいますよね。

助産院で長く勤務するためには、
この女性だらけの職場でも生き残るすべを学ぶということも、
実は必要なんですよ。

 

コミュニケーション能力に長け、
協調性を持つことが出来る。
この辺りは必須ですよね。

女性同士の職場で働くときに、
やはり自分の特徴を伝えるということはとても大切です。

 

普段どのような考えで働いているんか、
助産院ではどのような仕事をしていきたいのか。
ということを積極的にアピールしておくことは大切になります。

もちろん、職場の仲間に好印象を与えるようなアピールがいいですよね。
そして、この人となら仕事をしていきたい。
と思ってもらうことが出来るようにしていくことが大切です。

 

何かの情報によって、
それを覚えてきたかのような受け答えは必要ありません。

自分自身のオリジナルを考えて、
アピールをすることが大切ですよ。

助産院で採用される人とはどんな人?

7saiy

7saiy助産院に勤務する看護師に求められることというのは、
一体どのようなものなのでしょうか?

看護師としての知識や看護技術が優れている事。
専門的な知識や経験が豊富であること。
と思うかもしれませんが、実はもっと別のことが大切なんです。

 

それは、言動や行動などに問題がなく、
心身ともに健康であること。
の方がかなり大切になってくるんですよ。

 

助産院は医療施設ではなく、
助産施設になります。

実は医療行為を行うわけではないので、
看護師として医療行為を行う。
ということはほとんどのケースでありません。

 

病院に併設している助産院で、
医師の指示があるケースを除けば、
医療行為はありません。

ただ、時には緊急を要するときには助産院から医療機関への転院の必要。
といった場合に、冷静に判断をし、
的確に準備をすることが出来るといった対応能力は問われます。

 

助産院での仕事には、
助産行為以外にもさまざまな事があります。

妊婦さんに対しての健康指導や、
胎児の体調を管理する事、
出産後の授乳指導なども行います。

 

助産院は基本的に女性の職場ということにもなり、
周りに合わせて協調性をもって仕事をして言うことが大切になります。

もちろん看護師資格以外に、
助産師資格があれば助産にも携わることが出来るので、
採用されやすくなりますが、
出産経験や育児経験がある場合も効果的に採用される傾向があります。

 

出産経験があることで、
よきアドバイザーとなることができますよ。

看護師として助産院で働きたい時のチェックポイントとは

5chek

5chek助産院で看護師として働いたみたい。
と思う人もいますよね。

今後助産師資格を目指している。
という看護師にとっては、
やはり実践の場に身を置きながら勉強をしてみたいと思う人もいると思います。

 

ただ、助産院の場合、
看護師の求人は非常に少ないというのが実情です。

これは助産師自体が看護師資格を有しているから。
というのがその理由になりますよね。

 

募集があればとりあえず応募して、
求人を比較することが出来ない。
という看護師もいるかもしれません。

でも、働くことになる助産院について、
ちゃんとチェックすることはとても大切ですよ。

 

助産院をチェックするためには、
最近ではインターネットで検索をして、
その助産院のサイトを見てみることをお勧めします。

どのような助産院なのか、
ホームページでは積極的にアピールしていることが多くなりますよ。

 

自分が妊婦となった時に、どのようなお産を望むのか、
どのような助産院が良いのか。
と少し想像してみてください。

これが実際に自分が理想とするお産であり、
助産院の形になってきます。

 

助産院は実際に妊婦さんに対応する時間は、
病院よりも長くなることも多くなります。

家庭的な雰囲気を持つ助産院も多いんですよ。

 

助産院 求人

それぞれの助産院のホームページでは、
その雰囲気、働くスタッフの紹介、
理想とするお産の形なども紹介されていることが多くなります。

このような情報をチェックしてみて、ここで働いてみたい。
と思う助産院に応募するということが、
大切になりますよね。