Home » やりがい » 助産師をとりまく仕事環境は変わってきている?

助産師をとりまく仕事環境は変わってきている?

3kankyo

3kankyo出産難民。
という言葉を聞いたことがある方も多いと思います。

総合病院などでも、
産婦人科や産科と言った診療科目を開設している病院は減り、
産婦人科クリニックなども減少してきています。

 

そのため、産婦人科や産科を開設している病院には
妊婦さんが押し寄せてきているという事態になっています。

診察を希望しても受け入れてもらえない、
緊急時なのに対応をしてもらうことが出来ない。
このような妊婦さんも増えてきてしまっています。

 

実はこのような社会的な問題の中で、
今助産院の役割というものが見直されてきています。

総合病院を受診した妊婦さんでも、
正常で健康な妊婦さんの場合には、
提携している助産院を勧めるというところもあります。

 

総合病院はハイリスクで医療的管理が必要な妊婦さんや、
緊急の場合に診療を受け入れ、院内に助産院を設けている。
というところもあるんですよ。

 

一次助産院は衰退をし、
その数を減らした時期もありましたが、
今は施設を充実させ、人員を確保した助産院も増えてきています。

 

看護師から助産師を目指したい、
助産師としてのキャリアアップを図りたい。

という方の場合、助産院に就職する。
という方法も、かなりおすすめになってきています。

 

助産師は開業権もある資格になりますので、
将来的には助産院を開業することを目指しても良いですよね。

自分が目指している理想のお産を実現できるような助産院にまずは就職をして、
そこでキャリアアップをはかり、将来は開業をする。
このような目標を持ち、助産院に転職をしてみるというのはどうでしょうか?