Home » やりがい » 看護師として助産院で働くときの前提とは?

看護師として助産院で働くときの前提とは?

6zentei

6zentei看護師は基本的に医師の指示のもとに
医療行為を行うことが出来る。
という職業です。

そのため、実は助産院では
看護師が医療行為を行うことが出来ません。

 

助産院というのは、
助産師が助産行為を行う場所であり、
実は医療機関とは異なります。

助産師という資格では、
単独で医療行為を行うことが出来ません。
助産院には医師がいないというのがこの理由です。

 

当然、看護師についても、
医療行為は行うことが出来ませんよね。

助産院は医療行為が不要な妊婦さんのお産を取り扱います。

 

万が一、医療行為が必要になる。
と判断する場合には、助産師は速やかに連携している医療施設と連携をして、
妊婦や新生児を医療施設に託す必要があります。

 

看護師として働く場合、
なんとなく前提として医療行為を行うもの。
と思うかもしれません。

助産院に看護師として就職をした場合、
なんで医療行為を行わないのか。

 

という点が不満になってしまう事があるかもしれませんが、
看護師は医師の指示のもとに医療行為を行うことが出来る。

とう前提を思い出せば、
医師がいない助産院では医療行為を行うことが出来ないのは
当たり前のことだとすぐに思い当りますよね。

 

病院で勤務していた時には、
当たり前のように行っていた医療行為、
医療的な処置が出来ないもどかしさを感じるかもしれません。

でも、これは当たり前のことなんだ。
ということを認識する必要がありますよね。